桜の季節





今日から子供達の学年がひとつあがりました。

長女は5年生、長男は3年生へ。
私は、学年が上がることはもうないと思うけど
もう直ぐ鹿児島へ移住してきてまるっと3年が経ちます。

4年目の鹿児島。
月日はあっという間に感じるけれど
確実に日々は過ぎ 鹿児島に根っこを広げています。



週末は人吉&阿蘇と熊本での出店二日間でした。

人吉の延壽寺というお寺では
4月4日はお釈迦様のお誕生日らしくそれを祝ってのお祭りでした。
地元の人たちの暖かい地域のお祭りでしたが

遠方からの出店者も多く
とても賑っていました。


阿蘇の阿蘇神社で行われた
「旅する蚤の市」は
午前中、かなりのどしゃぶりの中でも
開始時間前からたくさんのお客さんが足を運び
その人の流れは終わりまで絶えることなく一日中人が溢れかえっていました。

境内の参道はまるで原宿の竹下通りのようで
老若男女のお客さんが古道具やレトロ雑貨を探していました。

ジャンベ・アフリカ雑貨の我が店舗も
たくさんのお客様にご来店いただきました。
ありがとうございます。


午後からはすっきりと晴れ
雨上がりの匂いのする夕方、 出店者もボチボチと帰り始め
さっきまでの賑わいがうそのようにひっそりとした時間が流れ
家族や仲間と阿蘇神社にお参りさせていただきました。

鎌倉に居たときは、いつも生活圏に神社やお寺があり
お散歩は近所の弁天様や八幡宮でした。
いつも何か不思議な力に守られて生活していた
そんな感覚が一瞬甦る場所でした。




阿蘇では桜がきれいに咲いていましたが
鹿児島はもう満開の時期は終わり
緑とピンクのコントラストがきれいな葉桜です。

関東に居たときは 桜といえば入学式
始まりの季節の花でしたが

こちらでは 卒業式
新しいスタートへの最初の一歩 別れの季節の花でした。

そんなことを改めて感じることができた今年。
生活が落ち着いてきたんだなぁ
と実感できた4年目の春です。