家族写真

先々月父の16回目の命日だったのですが、

写真にお花でも供えようかと思ったところ

父の写真が一枚も手元に無いことに気づいて、

 

 

写真て故人感でまくるし、頭の中に顔ははっきりと思い出せるので
別に絵でもいいんじゃないかと思って

大好きなイラストレーターの友人に父を書いてもらうことにしました。

 

 

旦那さんも、子供たちも父に会ったことはないので、

当り前ですが一緒に撮った写真がないので、

せっかくだから家族写真にしてもらいました。

 

 

旦那さんと子供たちにとっては、

初めて私の父と同じフレームに収まりました。

絵の中ですが私も16年ぶりに父に触れています。
すごく嬉しいです。

 

 

父の写真だけ送って

あとはイメージの中の私たちでいいよ〜とお願いしたところ

似すぎていろいろ可笑しいくて笑顔になりました。

 

 

そして、絵を描いてくれた友人の娘ちゃんから30枚の絵と手紙も。
1枚100円だから3000円くらいの財布と交換したいと。

 

 

もちろん喜んで!

って感じだけどよくよく考えたら新手の押し売りみたいだなと笑ってしまった。

 

でも一枚一枚一生懸命30枚も描いたんだ〜。

文章付きのもあって赤ちゃんの時から知っている彼女の頭の中を覗かせてもらった気分で

成長と、ほかの誰でもない今の彼女自身を感じてこれまた嬉しかった。

 

 

 

ということで長くなりましたが、家族写真が一つ増えました☆